薬を飲む女性と白い錠剤
  • ホーム
  • ピルを飲みながらたばこを吸うデメリットとは

ピルを飲みながらたばこを吸うデメリットとは

微笑む女性

確実に避妊はしたいからピルを飲んでいるけれどたばこがやめられないという場合のデメリットとしてあげられるのは、血栓ができやすくなってしまうことです。
血栓症とは血の塊が出来てしまい、血管をふさいでしまうことです。
心臓や脳、肺などの細い血管をふさいでしまうと命の危険もあるものです。
たばこは血液中のビタミンを破壊してしまい、血液をどろどろにしてしまうと言われています。
さらにピルは配合されている女性ホルモンの影響によって血液が固まりやすくします。
ピルはホルモンの状態を妊娠している時と同じようにしてしまうことで排卵を抑制して妊娠を防ぐものです。
妊娠中は出産時などに血液を失ってしまうことがないように、血液が固まりやすくなっています。
ピルを飲んでいると血液が固まりやすくなっているところにさらに血液をどろどろにしてしまうたばこを吸うことでピルだけを飲んでいる人よりも血栓ができるリスクが高くなってしまっているのです。
特に35歳以上で1日に煙草を15本以上吸いながらピルを飲んでいる人は循環器系の症状で死亡する率が高くなっているというデータもあるため、ピルを飲んではいけないと言われています。
避妊のためにピルを飲むのならば、禁煙を行うかできなければ1日に吸うたばこの本数を減らす必要があります。
血栓症の予防のためには、水分の摂取と適度な運動を心がける事です。
水分を摂取すれば自然と血液中の水分量が増えますし、運動を行えば血行が良くなることと喉が渇いて自然と水分の摂取量が多くなるので血液がどろどろではなくなります。
他にも血液をさらさらにするサプリメントを併用するという方法もありますが、まずは医師に相談してみましょう。

関連記事