薬を飲む女性と白い錠剤
  • ホーム
  • ピルの機能と血栓症のリスクを上げる条件とは

ピルの機能と血栓症のリスクを上げる条件とは

ピルは妊娠時に多く分泌される黄体ホルモンが配合されており、これを定期的に服用することで身体は妊娠したと脳が勘違いをすることで排卵を停止させることが出来ます。
排卵が停止することで避妊の効果を発揮することが出来ますし、子宮を休ませることも出来るので子宮系の病気の治療にも使われることがあります。
また服用の順番を変えることで生理の開始日をずらすことも出来たり、ホルモンバランスを整える作用があるので月経前症候群で悩む人やニキビの治療でも役立ちます。
そのためピルの機能を一言で表現すると女性の強い味方、と言えるかもしれません。
しかしピルを使用する場合、血栓症に気を付ける必要があります。
血栓症とはその名の通り、血管に栓をするような塊ができてしまい、脳梗塞や心筋梗塞のような血管の病気を引き起こす場合があります。
そのためしびれ等の違和感を感じたらすぐにでも病院で相談することが必要なのですが、この血栓症のリスクを上げる人が中にはいます。
それは喫煙者です。
タバコを吸う人は血栓症のリスクを上げることが分かっており、ピルの種類によっては35歳以上で1日15本以上タバコを吸う人は処方することが出来ない決まりもあります。
それだけピルと喫煙の相性は非常に悪いと言えます。
また喫煙者でなくともBMI値が30以上の肥満体型の人や血圧が高い人、40歳以上の場合でも血栓症のリスクを上げるのでピルを使用したいと考えるのであれば医師と十分に相談する必要があります。
血栓症はピルの副作用として非常に危険な副作用と言えます。
しかし症例数としては非常に少ないので、ほとんどの人が安心して使用することが出来ます。
血栓症のリスクを上げないように、定期的に病院に通うことで早期に発見できる可能性もあるので安心して下さい。

関連記事